北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 第一回 地域を知る研修会が開催されました【働き方改革を考える】

第一回 地域を知る研修会が開催されました【働き方改革を考える】

こんにちは。中信県税事務所大町事務所のIです。

 

9月28日に池田町にある赤田工業株式会社から

代表取締役の赤田弥寿文さんと2名の社員の方を事業体験報告者としてお招きし、

第一回 地域を知る研修会を開催しました!

 

今回の研修会には県職員だけでなく、市町村職員や高校の先生などさまざまな方にご参加いただきました。

 

ここで赤田工業 株式会社の簡単な説明を・・

 

赤田工業は金属加工や真空を作り出す技術を得意としていて、社員全員が何らかの国家技能資格をもっています。

その技術力は広く認められ、今年の二月にはNHKテレビ『超絶 凄ワザ!』にも出演しました。

そして自らを「鉄の料理人」と称している熱い会社なのです!

 

今回はそんな熱い会社から赤田社長をはじめ、機械課で若くして班長を務める渡辺朋岳さん、
海外研修生のバグス・トリ・スティアワンさんに来ていただきました。

まず初めに赤田社長から赤田工業の事業や人材育成などの取組を伺いました。
IMG_1572.cleaned
赤田社長は「元気で働けることは、最高の幸せ」であることを信条として、

多くの雇用な場を提供し、長期に活躍できる優秀な技能士を育成、もの創りを通して社会の役に立つことが自らの使命だとおしゃっていました。

自身の使命をもって仕事をする大切さを学ぶと同時に、赤田社長のものづくりに取り組む熱い想いを聴くことができました。

次に渡辺さんから自己成長や仕事に取り組む姿勢などのお話を聞きました。
IMG_1571.cleaned

そのなかでお話しにあった

「残業時間を減らし、定時に帰るということも大切だが、一方で自身が納得できるまで仕事をすることも大切なことなのでは」

という言葉がとても印象にのこりました。

 

自分自身これまで納得できる仕事をしてこれただろうか・・

背筋がピンとなるようなお話しでした。

 

3人目の報告者としてインドネシアからの研修生、バグス・トリ・スティアワンさんから

将来の夢や日本に来た目的を聞きました。
IMG_1567.cleaned

バグスさんは日本に実習に来てまだ1年半ほどということですが、そうとは思えないほど流ちょうな日本語でお話しいただきました。

インドネシアでは日本製の乗り物がたくさん走っていて、そういった環境で育った

バグスさんは日本人の文化や物の考え方、仕事の仕方などを学ぶために来日したそうです。

将来は母国に帰って起業したい、ビルゲイツのようなお金持ちになりたいというとても大きな夢を語ってくれました。

わたしも同じ若者として負けてられないなと思います。

 

今回の研修会では、私たちが行政の立場として仕事をしていただけでは、

気づけなかった仕事への取り組み方や働く姿勢などについて改めて考えるいい機会になりました。

 

これを機会にもう一度自身の働き方について見つめなおし、今後の仕事に生かしていければと思います。

 

 

赤田工業HP(http://www.akada.jp/

 

【動画】NHK「凄ワザ」に出演 社内の様子をドキュメント音量注意

LINEで送る

このブログのトップへ