諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

「しあわせ信州創造プラン」のご紹介 (VOL. 15)

  今回は、「人とモノが集う快適な空間づくりプロジェクト」の
アクション「災害に強い地域づくり」についてご紹介します。

(耐震改修:基礎補強)           (耐震改修:制震ダンパー)

 

 東海地震や南海トラフ地震等の発生が危惧される中、長野県では「長野県耐震改修促進計画」を定め、地震による建築物の倒壊等の被害から県民の生命、身体及び財産を保護するため、建築物の耐震改修の促進のための事業を実施しています。

 全県の耐震化率については計画の中で、平成27年目標として住宅は90%(72%)、特定建築物(多数の者が利用する大規模建築物)は90%(84%)、公共建築物(県有施設)は100%(83%)の耐震化を目指しています。 
 ※目標の後の( )内はH20年時点

(耐震改修:筋交い)                (耐震改修:構造用合板

 
 
 この目標の達成に向け耐震化施策として以下の事業を行っています。 

  ① 住宅・建築物耐震改修促進事業による耐震診断・改修の促進  
   ・事業主体は市町村で、国・県・市町村が協調して補助を行います。  
   ・木造戸建住宅の耐震診断については建築主の負担はありません。 
   ・戸建住宅の耐震改修については最大60万円の補助が受けられます。 
  ② 既存木造住宅耐震診断士の養成 
  ③ 耐震改修のための新工法の評価と認定 
  ④ 震災時の安全確保や耐震化促進に向けた啓発や知識の普及 

1 2

このブログのトップへ