信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

1月の血の池と周辺湧水群と濁川

1月の血の池と周辺湧水群と濁川

 

信州の名水・秘水、御代田町の「血の池と周辺湧水群と濁川」に行ってきました。

場所は浅間山の寄生火山の石尊山のふもと、追分宿から浅間山方面へ約5km、歩いて約2時間のところにあります。

 

この湧水は鉄分が多いため、流下するにつれ空気にふれて酸化し赤褐色を帯び、これが濁川の名前の由来となっています。

 

 まず現れたのは「血の滝」、冬の寒さでやはり赤褐色を帯びた氷が発達していました。


雪のため湧水群のなかでしっかり見れたのは「おはぐろ池」で、まわりの雪と池底の赤褐色のコントラストがみごとでした。



石尊山山頂まで登り、目の前に迫り湧水を供給している浅間山を見てきました。




このブログのトップへ