信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

御嶽山 三の池

平成22年9月上旬に、アクアツアー(水巡りの旅)で信州の名水・秘水「御嶽山 三の池」をはじめとする、御嶽山の五つの池を巡ってきました。

 

 今回はそのうちの「三の池」を紹介します。

 

 三の池は摩利支天の崖下にあり、海抜2720m、長径400m、短径200mのすり鉢をしている。水深は13.3mもあり、御嶽火口湖中では最大。

(長野県観光みどころシリーズ 信州の〔高原・湖沼〕百選)



(白竜小屋からの三の池(奥は継子岳、乗鞍岳、北アルプス)


三の池の湖面は、一日のうちでも時間により違った色を見せてくれます。


(三の池 白竜小屋方面を望む)

 


 三の池の水は「御神水」として崇められています。湖畔には御神水を汲むための柄杓がたくさん並べられており、信者の皆さんに崇敬されていることがよくわかります。




これからの紅葉シーズンに御嶽山に出かけてみませんか。

  

【御嶽山頂の五つの池】

 大昔、御嶽山頂の一の池に、白龍、黒龍、赤龍、青龍、黄龍の五色の龍が住んでいました。ところが人がときどき登ってきて、その度に一の池を覗きワイワイ・ガヤガヤとうるさいので、龍は怒りだし、とうとう池を押し破り、それぞれに分かれて住むようになり、五つの池ができたそうです。(王滝村パンフレットより)



御嶽山山頂付近案内図(王滝村役場ホームページ)

このブログのトップへ