長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

『黒部ダムカレー』発売!!

 黒部ダム。一度は耳にしたことがあると思います。日本国内はもちろん、世界でも有数の大きさを誇る巨大ダムです。その黒部ダムの長野県側入り口・大町市では、ご当地カレーとして、2009年から「黒部ダムカレー」が作られています。このカレーの元となったのは、大町市の扇沢駅大食堂(現・レストラン扇沢)で「アーチカレー」として親しまれてきたものでした。

 長野県と包括協定を締結している(株)サークルKサンクスが大町市と共同で、この「黒部ダムカレー」を商品化し、6月27日(月)に販売発表会を行いました。
 発表会が開催された大町市の会場には、大町市長や黒部ダムカレー.com会長が出席しました。黒部ダムカレー.comとは、黒部ダムカレーのPRや販促などを行う団体です。地元でカレーを販売している店主さんやダムカレーを応援する人たちで構成されています。
報道関係者も多く詰めかけ、大盛況の会となりました。



 実は、サークルKサンクスが黒部ダムカレーを発売するのは、昨年に続き2回目です。昨年は大町市、信州大学との産官学連携のもと、6月の2週間限定で発売し、およそ14,000個を売り上げ、大好評を得ました。今年は昨年よりグレードアップした内容 -なんと唐揚げが追加!!― で販売されています。
 今回販売されるダムカレーは、ご飯をダム堰堤(えんてい)のカタチ(アーチ型)に盛りつけており、その内側にカレーがかかっています。これはダムの様子を表現したもので、黒部ダムカレーの特色ともなっています。写真を見るだけでもかなりのボリュームがあると分かります。ガッツリ食べたい人も大満足です!



 黒部ダムカレーは、長野県内では6月30日(木)から7月27日(水)までの販売となっています。関東・北陸・静岡県の店舗でも7月7日(木)から4週間にわたって販売されます。
期間限定です!この貴重な機会をお見逃しなく!

黒部ダムカレー.com ホームページ http://kurobedam-curry.com/

黒部ダムカレーについてはこちらもどうぞ!
メールマガジン「週刊信州」 https://blog.nagano-ken.jp/magazine/various/864.html

このブログのトップへ