長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

イオン(株)との包括協定締結!

  6月17日(金)、長野県とイオン株式会社は包括協定を締結しました。

  観光振興や地産地消など、様々な取り組みを連携して行い、長野県の活性化を目指します。WAONカード(4月から発行中です)の利用もその一つ。このカードを使って買い物をすると、その売り上げの一部が県内山岳環境の保全・整備に寄付されます。
また、今月25日から28日の4日間、県内のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグで信州フェアが開催されます。今後も長野県産食材を使ったフェアが行われる予定です。

  協定締結式に先立ち、県庁1階でWAONカードが販売されました。お昼休みの1時間だけの販売でしたが、道行く職員のほとんどが販売ブースを覗いていきます。短時間にも関わらず100枚以上が売れ、幸先の良いスタートとなりました。
 

  協定締結式では、阿部知事とイオンリテール(株)の村井社長によって、実際にWAONカード利用のデモンストレーションが行われました。読み取りの機械にカードをかざすと、大きなよく通る声で「ワオーーン!」。会場をわかせました。

 それが終わると記念撮影に。
ここでイオンイメージキャラクターの「ハッピーワオン」と、長野県観光PRキャラクターの「アルクマ」が登場。知事・社長と一緒に記念撮影しました。

ハイ、チーズ!

包括協定の内容はこちらをご覧ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/kikaku/kikaku/ion20110617/ionhoukatu0617.htm

このブログのトップへ