長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県と民間のコラボ企画 > ★取り組み > ★セブン > セブン■信州アルプス牛の「牛めし」弁当発売

セブン■信州アルプス牛の「牛めし」弁当発売




長野県内のセブンイレブンでは、本日(8月18日)から2週間の予定で、
「信州アルプス牛」
を使った「牛めし」弁当を発売します(680円)。

今回の商品は、地産地消の取り組みのひとつとして、長野県産銘柄牛“信州アルプス牛”をセブンイレブンとして初めて使用。

「信州アルプス牛」は、JA系のスーパー等で取り扱われていますが、「気軽に」食べられるコンビニ弁当としての登場は珍しいのでは?
期間・数量限定です、お見逃しなく!

この記事は、「応援します!!地域ブランドづくり@長野県」からの転載です。

このブログのトップへ