じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 東信州エリアの次世代成長産業創出に向けた取組

東信州エリアの次世代成長産業創出に向けた取組

商工観光課Ngです。

7月5日上田市の産学官連携支援施設(AREC)において、東信州エリア10市町村長(上田市、小諸市、佐久市、千曲市、東御市、御代田町、立科町、長和町、青木村、坂城町)が集まり、「東信州次世代産業振興協議会」が設立されました。

信州大学繊維学部の下坂誠学部長様(写真中央)が発起人代表として挨拶し、その後、10市町村長が連携協定書に調印しました。

CIMG7217 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7207

 

 

 

 

 

 

 

 

この「東信州次世代産業振興協議会」は、東信州エリアに集積する技術や地域特性を活かし、次世代産業の創出による地域産業の活性化を図ることを目的としています。

産学官連携による先端技術の研究開発や、産業の裾野を広げる研究会や研修会などを実施し、今後成長が見込まれる次世代自立支援機器(介護や農業分野に役立つパワーアシストスーツ(人間の動作を補助する機器)、生活支援機器など)の開発、製品化が期待されます。

1 2

このブログのトップへ