じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 高校生とお菓子やさんがコラボ! 丸修クリーム「マルシープ」

高校生とお菓子やさんがコラボ! 丸修クリーム「マルシープ」

地域政策課のNです。

上田市中丸子にある丸子修学館高校総合学科で家庭科を選択する生徒と、地元の和洋菓子店「さわむら」さんがコラボレーションして開発したシュークリームが発売されたというニュースを知り、早速手に入れました。



シュークリームの名前は「丸修クリーム」
同校100周年を記念して作られた羊のキャラクター「マルシープ」がデコレーションされており、「さわむら」さんにて、1日30個限定、1月25日まで販売される予定です。

直径5cm程の丸いシュー生地の表面に、抹茶チョコレートでマルシープの体を作り、その上にホワイトチョコレートの顔と角がのっています。中のクリームは生クリームとカスタードクリームで、甘さ控えめにできています。

丸子修学館高校では、3年前から丸修オリジナルスウィーツの開発に取り組んでおり、「丸修クリーム」は洋菓子店「RuRu]さんと作った「マルシープ」オリジナルクッキーに続く第2弾だということです。

丸子修学館高校が、「マルシープ」に込められた

・やわらかで弾力性のある発想をもって未来をつくる

・新たに総合学科として生まれ変わった高校が、若葉のように瑞々しく育ってほしい

という願いのように育っていくことを、地域の皆さんとともに応援したいですねface01

なお、「マルシープ」の着ぐるみは、こちらです。

このブログのトップへ