じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 地域のため池について学ぼう!~中塩田小学校のため池学習~

地域のため池について学ぼう!~中塩田小学校のため池学習~

こんにちは。農地整備課のTazeeです。

もう12月!今年ももう終わりですね…しみじみ。。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

先日、中塩田小学校にお邪魔してきました!

雨の寒い日だったのですが、児童の皆さんは元気いっぱい!

CIMG0884

休み時間にはにぎやかな声が響いていました!



 

この日は4年生の皆さんの「ため池学習」の授業を見学させていただきました。

塩田平には、「日本のため池百選」にも選定されている美しいため池が多く分布しています。

塩田平地域では、子どもたちにため池について知ってもらおうと、

定期的に小学校でのため池の授業に取り組んでいます。

CIMG0885

この日の授業の内容は、

①「ため池の仕組みについて」のおはなし

②「世界のため池について」のおはなし

③  ため池当てクイズ

でした。

 

まず、「ため池の仕組みについて」のお話を

「塩田平のため池を愛する会」の事務局次長であり、

「長野県ふるさと水と土指導員」でもある坂田さんからお聞きしました。

CIMG0895

CIMG0898

ため池は古くから人々の生活の中にあったのですね。

当たり前かもしれませんが、昔は全て人力で作ったということを

改めてお聞きすると、昔の人はすごいなぁと感動してしまいます。。

 

CIMG0892

木造の底樋というものです。これを水を通す管のように使っていたそうです。



 

坂田さんからは沢山池(さやまいけ)についてもご紹介いただきました。

CIMG0901

CIMG0902

昔は歌を歌いながらみんなでため池を作っていたそうです。

 

突然ですが、ここでため池クイズです!

「塩田平では昔と比べてため池の数が減少しています。それはなぜでしょう?」

実際に坂田さんが4年生のみなさんに出したクイズです。

(正解は、このブログの最後をご覧ください!)

 

昔からずっと地域に愛され親しまれてきたため池を

これからも大切にしていきたいですね!農地整備課も頑張ります!

 

次に、長野大学の熊谷先生と留学生であるハスナさんから、

世界のため池についてお聞きしました。

CIMG0906

CIMG0914

ハスナさんは、インドのお隣の島国・スリランカのご出身です。

スリランカの文化や自然などについても、

きれいで見やすいスライドを使って、

わかりやすく楽しく説明していただきました!

 

実は、世界初のため池はスリランカで作られたんだそうです!

当時の王様が民の暮らしを守ろうとため池を作ったとのこと…。

CIMG0907

スリランカから中国へ伝わり、さらにその技術が日本へ伝来したんだそうです。

知らなかった…!スリランカの技術がいつしか日本に根付いて、

こんなにも地元の皆さんから愛されているなんて!

4年生の皆さんも興味津々でした
 

最後に、「ストゥーティー」という言葉を教えていただきました。

スリランカの言葉で「ありがとう」という意味なんだそうです。とても素敵な響きですね!

CIMG0911

CIMG0910

 

CIMG0918

休み時間もため池の模型や資料に興味津々な4年生の皆さん。



 

最後に、班ごとに分かれて「ため池当てクイズ」に挑戦しました。

それぞれのため池の名前と特徴が書かれた紙を見ながら、

写真に写っているため池の名前を当てていきます。

CIMG0922

これがなかなか難しい!!

4年生のみなさんは「う~ん」と頭を突き合わせながら、

一生懸命取り組んでいました。

CIMG0919

正解が発表されると、正解した班からは大きな歓声が!

なんと全問正解だった班もありました!おめでとうございます!

 

それにしても、こんなにたくさんのため池が塩田にはあるんだなと

私も改めて実感しました。

塩田平にあるため池について楽しく学べるこのゲームは、

とても画期的でした。大人も楽しめそうです!

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

地元の皆さんの働きかけと長野大学の先生と学生さんの取り組み、

そして児童の皆さんの好奇心旺盛な姿にたくさんの刺激を受けました。

私ももっとこの地域の暮らしや文化について、意欲的に学んでいけたらと思います。

坂田さん、熊谷先生、ハスナさん、素敵なお話をありがとうございました。

そして、中塩田小学校のみなさん、たくさん話しかけてくださってありがとうございました!

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

※クイズの答え

→ 一番大きな原因は、昭和になってから沢山池(さやまいけ)などの大きいため池を作ったり、

依田川などから水を引いてくることができるようになり、

水を多く確保することができるようになったから。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

※農地整備課では県営事業として多くのため池の改修工事に取り組んでいます。

今年度実施中の池 ↓
下之郷新池、宝池、荒池、中野前池、五加前池、男池、樋之詰池、共有池、四ッ京大池など

 

関連ブログ→こちら(「2016 ため池フォーラム in わかやま」に参加しました!

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ