北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > ICTを活用した建設工事の現場見学会を開催しました

ICTを活用した建設工事の現場見学会を開催しました

 

大町建設事務所のMKです。

建設工事における生産性を向上させるため、ICT(注1)技術の導入が始まっています。

今回は、主要地方道大町麻績インター千曲線 大町市相川トンネル下での道路改良工事でICT技術を活用しているため、管内の県・市町村の関係職員を対象に現場研修会を開催しました。

当現場でのICT活用は、次の流れとなります。

(1)3次元測量データを作成・・・UAV(注2)での空中写真測量からデータ作成

(2)3次元設計データを作成・・・2次元の平面的なデータと3次元測量データを合わせ、3次元の設計データを作成

(3)ICT建設機械で施工・・・3次元設計データとGNSS(注3)情報を照合しながら、建設機械を自動制御して施工

(4)出来形管理・・・UAV測量により、完成した現場と設計値を3次元で比較し、設計どおり出来ているか確認

 

ICT建設機械を使った現場研修状況は次のとおりです。

1.土砂を設計高さに整地・・・

3DMC(注4)バックホウのコントロールパネルに設計高さを設定します。

バックホウに装備されているアンテナでGNSS信号を受信。

オペレーターはバックホウのアームやバケットに動力を加える操作をするだけで、自動で設計面にバケットが達し整地できます(手動での細かな操作は不要)。

BHBHモニター
 

2.整地した土砂の締固め・・・

 

振動ローラーに取り付けたGNSS受信アンテナで、位置情報を取得します。

振動ローラーを往復させ転圧(踏み固め)します。取得した位置情報により軌跡がモニターに表示されます。

転圧の回数により締固め密度が変わりますので、軌跡が重なるたびにモニターの軌跡の色が変わり転圧回数がわかります。設計の密度になるまで、モニターの軌跡の色を確認しながら振動ローラーを運転します。

ローラローラモニター
 

当現場は山に囲まれているため時間帯によりGNSS情報の取得がスムーズでなくなり、ICT建設機械が動かなくなる場合もありましたが、機械の扱いはごく簡単で、初心者ほどすぐに慣れていくようです。現場での仕事環境も変わっていくのではないでしょうか。

用語                                                     注1)ICT・・・Information and Communication Technology 情報通信技術の略称
'         i-Construction・・・建設現場でICTを活用すること                                                                  注2)UAV・・・Unmanned Aerial Vehicle 無人機の略称 いわゆるドローン                                        注3)GNSS・・・Global Navigation Satelite System 全球測位衛星システムの略称 いわゆるGPS
注4)3DMC・・・3D(3次元)データを利用できるマシンコントロール対応機械
'         MC(マシンコントロール)・・・設計データにより自動で制御できる技術
'         MG(マシンガイダンス)・・・モニターに表示した設計データに沿い操作できる技術

LINEで送る

このブログのトップへ