北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 「大町雪まつり」と「あめ市」を盛り上げる大町合庁ライトアップ

「大町雪まつり」と「あめ市」を盛り上げる大町合庁ライトアップ

大町市の冬の恒例イベント第16回「大町雪まつり」と「大町あめ市」を盛り上げるため、長野県職員互助会北安曇支部の地域活性化事業の一環として、
大町合同庁舎にてイルミネーションと雪像のライトアップの点灯式を2月5日に行いました。

1

今年のイルミネーションは北アルプスと木崎湖をイメージしました。

5階立ての高さを生かし合庁の側面に、約20メートルの巨大な北アルプス、花壇には木崎湖をイメージしたブルーの優しい光の湖が登場しました。

2

また、今年は冬季オリンピックが開催されるので、大北地域の選手が期待されているボードとジャンプをアルクマのイルミネーションで盛り上げています。

3

 

雪像は今年雪があまり積もらなかったので、小さいながらも鹿島槍ヶ岳を作りました。よく見ると「北峰」や話題の「カクネ里」の標識もあります。

4

このライトアップは2月9日まで行います。

 

2月11日祝日には、大町商工会議所前の広場にて、大町あめ市(おおまち雪まつりまちなかイベント事務局主催)に参加し、
地元甘酒や大町黒豚を使った豚汁、綿あめ、ポップコーンのふるまいを行います。

ぜひ、多くの皆さんに来ていただけたらと思います。

詳しくはこちら(あめ市2018)をご覧ください。

 

このブログのトップへ