信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

秋の「一番清水」

 伊那郡阿智村清内路の一番清水を照会します。

愛知県小牧市から昼神温泉に一泊して、水を汲みに来た方にお話をお聞きしました。



もう10年、同じ旅館に泊まり、月1、2回水を汲みに来ており、飲み水だけでなく炊飯などにもこの水を利用しているとのことです。
ご夫婦で手際よく4リットルのペットボトルに20本ほど水を満たしていました。お父さんは82歳になるそうですが、お元気なのには驚かされました。



また、ヘブンス園原スキー場のゴンドラに乗り、紅葉を楽しむ方なども立ち寄られていました。

 

一番清水の対岸の山里も紅葉の盛りです。




【一番清水の概要】

飯田と木曽を結ぶ国道256号沿いにある湧水で、かつては旅人ののどを潤していました。

名称の由来は、清内路に入って一番目の清水であるからとも、清内路で一番美味しい清水であるからとも言われています。

「一番清水の会」が、毎月清水周辺の環境保全活動を行っており、行楽シーズン前後には、広く国道沿いのごみ拾いや草刈りなどを行っています。

週末には水を汲む人の列ができます。

また、多くの利用客が訪れるため、掲示板を設置し、清内路周辺の観光情報やイベント情報の発信に活用しています。


【所在地】

下伊那郡阿智村清内路国道256号線沿い

【問い合わせ先】

阿智村役場清内路支所

 電話0265-46-2001

 E-mail:info@seinaiji.jp


【アクセス】

●JR飯田線飯田駅下車 駒場昼神行きバスで40分 阿智村役場入口下車 清内路行きバスで10分平瀬下車 徒歩3分

●中央道飯田山本ICから車で20

【信州の名水・秘水】

豊かな水環境に恵まれた長野県には、良好な水質、優れた景観、歴史的価値を持ち地域の誇りとして住民に守られてきた「名水・秘水」が数多く存在します。

長野県では水の大切さを再認識し、水環境を保全する意識の高揚を図るとともに、地域の活性化に役立てるため、平成22年1月に「信州の名水・秘水」選定委員会により、湧水等の中から特に優れたもの15箇所を「信州の名水・秘水」として選定しました。

信州の名水・秘水のホームページ

 http://www.pref.nagano.jp/kankyo/mizutaiki/mizu/meisui/kasyo/meisui-annai.htm

 


このブログのトップへ