信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

御嶽山 一の池

平成22年9月上旬に、アクアツアー(水巡りの旅)で信州の名水・秘水「御嶽山 三の池」をはじめとする、御嶽山の五つの池を巡ってきました。

 

 今回はそのうちの「一の池」を紹介します。

 

剣ヶ峰頂上から一の池の回りをぐるっと回り二の池へ下るコースは、「一の池お鉢廻り」と呼ばれています。


(一の池(手前)と剣が峰(右奥))

一の池は早い時期だと雪渓もあるようですが、今回は時期が遅いためか、川のような水の筋が見えました。


剣ヶ峰や奥の院はもとより、継母岳や摩利支天などを見ながら岩稜を歩くコースで、あまり人影はありませんでした。



(お鉢廻りのコースからの継母岳)

 

二の池への下りでは、高山植物を見ることができます。


 これからの紅葉シーズンに御嶽山に出かけてみませんか。

 

 信州の名水・秘水「御嶽山 三の池」はこちらをご覧下さい。

 

 

【御嶽山頂の五つの池】

 大昔、御嶽山頂の一の池に、白龍、黒龍、赤龍、青龍、黄龍の五色の龍が住んでいました。ところが人がときどき登ってきて、その度に一の池を覗きワイワイ・ガヤガヤとうるさいので、龍は怒りだし、とうとう池を押し破り、それぞれに分かれて住むようになり、五つの池ができたそうです。(王滝村パンフレットより)

 

【御嶽山】

 ゆったりと四方にすそ野を広げた大きな姿の独立峰「木曽の御嶽山」(きそのおんたけさん)。

 村人は親しみをこめて「御山」(おやま)と呼ぶ。

 頂へ辿り着いたとき、また、出発視点へ戻ってきた時、人は何を思うのだろう。

 この、大きな自然の懐に包まれたとき、何を感じるのだろう。(王滝村パンフレットより)



御嶽山頂上付近案内図(王滝村役場ホームページ)

このブログのトップへ