「幻の6階書庫」を整備中!

2018年12月、当ブログで「開かずの間を初公開!-幻の6階書庫-」という記事を掲載しました。当館書庫は地上6階地下1階の構造なのですが、長野市若里に移転新築以来42年、6階部分は未整備のままでした。

下記の写真のとおり、本棚はおろか、床も張られていないため、書庫5階の天井を支える骨組みとパネルがむき出しで、実際の書庫としての機能は全く果たしておらず、開かずの間としてずっと眠っていたのです。

2021年1月、念願が叶い整備のための工事が始まりました。何もなかった空間に床が張られ、新しい本棚が組み立てられていきます。

 

6階が完成した後は、現在書庫の各階に置かれている資料の配置場所を見直し、よりスムーズな資料の出納や次世代に継承すべき資料の保存機能の強化を目指します。


問い合わせ先 資料情報課 026-228-4921

このブログのトップへ