小学生から取材を受けました!

 メリークリスマス

長野市はホワイトクリスマスです

みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

 

 

 今年8月、小学生が県立長野図書館へ取材に来てくれました

毎年開催している「長野県こども新聞コンクール」で記事を書きたい、とのこと。

「図書館のお仕事を知りたい!」と色々な質問をしてくれて、私たち職員も、自分たちの仕事を知ってもらいたいな〜と思いながら答えました。

ナツとしょ2020にも参加し、図書館のお仕事についてたくさん調べてくれました

 

 そして先日、取材に来てくれた小学生が、「県こども新聞コンクール」で賞を取ったと報告に来てくれました

今回の取材から、図書館のお仕事というと、貸出や返却など本に関することだけだと思われていることが多いのだと知りました。

実際は、図書館へ何かを「調べたい」「知りたい」と思いやって来る人に、調べ方を教えることだけではなく、次は自分で調べたり、知ることができるように手助けをしています。

彼女は、このことに気づいたのかな?と思います。図書館へ足を運んで取材をし、楽しそうにイベントにも参加する中で、図書館のお仕事が本に関することだけではなく「人と人とをつないでいる」と感じてくれたことがとても嬉しかったです

 

来年も県立長野図書館をどうぞよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください

このブログのトップへ