しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > よむナガノ 県立長野図書館ブログ > 図書館のお仕事 > 「図書館で”林業”?」ー 林業士入門講座を開催しました

「図書館で”林業”?」ー 林業士入門講座を開催しました

10月7日は月曜日なので、図書館は休館日。

ですが、館内では「林業士入門講座」を開催していました。

これは長野県林業総合センターが主催する半年間16回にわたるプログラムで、現在、すでに林業に従事して働いている受講生のみなさんが、「林業士」となって地域課題を解決していける人材になるための講座です。
県立図書館が、この講座に共同するようになって3年目。
毎年受け持つコマ数が増え、今年は3コマを担当しています。

受講生のみなさんは、「地域課題解決のためのアイデアを“長野県地域発元気づくり支援金”獲得するプランにするとしたらどうまとめればよいか」という課題に取組んでいるので、それに対し、図書館の基本的なサービスである「レファレンス」のスキルを活かしながら、一緒に向き合っています。

具体的にどういうことをしているかというと、司書が一人ひとりにインタビューしながら各自のイメージを明確にしていき、課題を掘り下げ、それに対して必要な情報源を調べ、提案し、アウトプットにつなげていってもらうというかんじです。

この日は、今まで練ってきたそれぞれのアイデアをさらにブラッシュアップして、本やインターネットの情報、新聞記事データベースなども使いながら、自分のやりたいことや地域について調べていきました。

 

思い描いている「理想」や「課題」も、それを裏付けるデータや背景、そして具体的な行動計画が添えられていないと、誰かを説得するには不十分です。受講生の方々がいずれ林業士として地域で活動していく際にはそうした視点・スキルはとても重要になりますが、図書館はそうした力を身につける資源(情報と司書)が揃っているんですね。

というわけで、図書館の基本業務である「レファレンスサービス」は、単に、調べものの相談にのってくれるというだけでなく、皆さんが「情報の種類を知り、探し方を身につけ、取捨選択する判断力を磨き、適切な形でアウトプットする」こともサポートしています

林業士入門講座受講生のみなさん、12月の修了課題発表に向けて頑張ってくださいね!


▼長野県林業総合センターブログ

人に伝えるための「ことば」を紡ぐ~林業士入門講座~

▼昨年度、当館で行われた「林業士入門講座」修了課題発表会の様子

【休館14日目】「平成30年度林業士入門講座」修了課題発表会が行われました

 


【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

 

このブログのトップへ