じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 「奏龍味噌ラーメン」イベント開催中!☆「ぶいよん」&「あごばん」編

「奏龍味噌ラーメン」イベント開催中!☆「ぶいよん」&「あごばん」編

地方事務所のレイニーです。

「奏龍味噌ラーメン」イベントの情報その2です。

前回に続いて奏龍味噌を使用したラーメンを提供するお店の紹介、今回は「スープ研究処ぶいよん」「あごばんらーめん」です。

 <スープ研究処 ぶいよん>

鶏のエキスにこだわり仕上げたスープを「命のスープ」と呼ぶ「ぶいよん」さん。

また、ラーメンとは呼ばず「鶏そば」と命名した一杯は、鶏のエキスをたっぷりと使い、濃厚で旨みの強いスープが特徴的です。今回いただいたのは「奏龍節・味噌」つけ麺です。buiyon1

冬らしくスープが冷めないように麺は熱盛(水で締めない温かい麺です。)、さらにスープにポークオイルを入れてもらったので、表面に油の蓋が出来て最後まで熱々の状態で、つけ麺を楽しみました。また、残ったスープはスープ割り(出汁を入れます)で、鶏の旨みをさらに感じることができますよ。

限定メニューは不定期に更新されますので、ホームページをご確認のうえ、お出かけください。 IMG_1264

 

(お店の情報)

 住所:上田市上田1480-2 電話:0268-27-0910

 営業時間:11:30~14:00 18:30~20:00 定休日:水曜日

 ホームページ:http://buiyontori.exblog.jp/

 

 <あごばん らーめん>

スープに「あご出汁(トビウオ)」を使用している「あごばん」さん。

その独特な甘みのあるスープに、パツパツと歯応えのよい自家製麺が美味しい、丸子の人気ラーメン店です。

今回いただいたのは奏龍味噌を使った「みそ野菜ラーメン」

野菜炒めが豪快に盛られた味噌ラーメン、あごばんでは珍しいタイプの一杯ですね。agoban1

あごだし、奏龍味噌、チャーシュー&野菜炒めの旨みが凝縮されたスープ。 麺が終わってもたくさんの具が残り、スープも濃厚さを増しているので「替え玉」を追加していただきました。さすがにお腹いっぱい、美味しくいただいて満足です。IMG_1681

 

(お店の情報)

 住所:上田市中丸子1430-2

1 2

このブログのトップへ