じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

今年もコハクチョウが飛来しました!!

 久しぶりの投稿になります。地域政策課のCOです。

 今年も千曲川にコハクチョウが飛来しているというので、早速行ってきました。

   


 場所は、上田市岩下の長野県上田養護学校の近くです。

 この日は、右岸(養護学校側)の堤防近くに10羽ほど、少し離れた中洲に20数羽、合計40羽ぐらいのコハクチョウが羽を休めていました

 中洲近くには灰色がかった羽の幼鳥も見えますし、中洲のハクチョウは頭を背中に乗せ眠っているようにも見えるものもいます。その周りにはカモも何羽かいました。

 また、堤防では上田養護学校の児童が10名ほど先生と一緒に観察していましたし、カメラを構えシャッターチャンスを狙っている方も数名いました。

 この場所には2年ほど前からコハクチョウが来ているそうで、今年は1月3日の飛来が最初で、その後だんだん数が増え、多い日には50羽ぐらいになる日もあるようです。

 3月の北帰行まで見ることができます。

 近くに駐車場がないので堤防道路に駐車することになりますが、お近くに行ったらお立ち寄りされてはいかがでしょうか。

コハクチョウのいる場所はこちら↓↓↓↓

このブログのトップへ