信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州自慢の水と空 > 水みずミズ > 信州名水秘水 > 千曲川源流ウォーク~信州の名水・秘水と希少生物との出会い~

千曲川源流ウォーク~信州の名水・秘水と希少生物との出会い~

平成22年度の募集は終了しています。

信州の名水・秘水「千曲川源流」を紹介します。

 

(財)川上村振興公社の山中さんから「千曲川源流ウォーク~信州の名水・秘水と希少生物との出会い~」についての情報提供をいただきました。

 

【トピックス】 (川上村振興公社からのお知らせです。)

      概要

日本最長の川である信濃川は、長野県内では千曲川と呼ばれ、古くから詩歌などにも登場し、多くの人々に親しまれてきました。千曲川の源流は川上村にあり、その清らかな水は、平成21年度、長野県により信州の名水・秘水に選定されたところです。



日本百名山で知られる甲武信ヶ岳に発した流れは、希少な植物や昆虫などを育んでいますので、経験豊富な地元のインストラクターによるガイドのもと、清流に沿ってその豊かな自然の中をゆっくり歩いていただきながら、動植物に触れ、親しみながら歴史や文化なども学ぶ機会として、千曲川源流ウォークを開催します。


 宿泊には金峰山荘をご利用いただければ、日本一のレタスをはじめ、イワナ、川上そ
ば、旬の地元産高原野菜等をご提供するとともに、最寄りの駅と会場へ送迎いたします。


○ 日時

平成22年7月25日(日)、8月29日(日)、10月3日(日)の3回

いずれも7時集合~14時30分解散(金峰山荘に前泊の場合は、前日15時集合)

      会場

  川上村梓山 毛木平駐車場(集合、解散)から千曲川源流点まで

      内容

 ・当日は、7時毛木平駐車場に集合、事前説明ののち7時15分出発。なめ滝を経て10時30分源流点に到着。清流に触れつつ休憩、記念写真の撮影。

・帰路にて昼食をとりながら、14時毛木平駐車場に到着、解散式ののち14時30分解散予定(天候等により時間の変更がありますので、あらかじめご了承ください)。

・早朝の出発が必要なため、公共交通機関をご利用の方はもとより、自家用車の方にも、金峰山荘への前泊をお勧めします。日本のヨセミテと呼ばれる金峰渓谷の散策をご案内するとともに、川上村ならではの食と文化で心よりおもてなしをいたします。

      主催

  財団法人 川上村振興公社

      アクセス

 〔列車で〕信濃川上駅より川上村営バス約30分 川端下バス停より送迎(前泊の場合)

〔お車で〕中央自動車道 長坂I.C.より1時間

      問い合わせ先

  財団法人 川上村振興公社

(住所)〒384-1401 南佐久郡川上村川端下546-2
 (電話)
0267-99-2428 (FAX)0267-99-2490

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.kawakami.or.jp/genryu.pdf

 

信州の名水・秘水「千曲川源流」について紹介します。

【概要】

甲武信岳に源を発する千曲川は、岩をかむ清流となって、情緒豊かな渓谷美をつくりながら流れています。



源流付近はうっそうとした原生林に囲まれ、真夏でも身を切るような冷水の中にイワナやヤマメなどが生息しています。

信濃川を守る協議会(千曲川沿いの自治体等が構成員)が、河川のごみ拾いを行うとともに、環境保全の啓発を行っています。また、河川保全意識の高揚を図るため、地域住民の参加を呼びかけて、源流見学ツアーの「千曲川源流を訪ねて」を開催しています。

 

【問い合わせ先】

川上村企画課 電話0267-97-2121

E-mailkawakamimura@vill.kawakami.nagano.jp

 

【アクセス】

●JR小海線川上駅下車 梓山行きバスで43分 梓山下車 徒歩4時間30

●上信越道佐久ICから車で毛木平まで1時間40分 徒歩4時間

 

【信州の名水・秘水】

豊かな水環境に恵まれた長野県には、良好な水質、優れた景観、歴史的価値を持ち地域の誇りとして住民に守られてきた「名水・秘水」が数多く存在します。

長野県では水の大切さを再認識し、水環境を保全する意識の高揚を図るとともに、地域の活性化に役立てるため、平成22年1月に「信州の名水・秘水」選定委員会により、湧水等の中から特に優れたもの15箇所を「信州の名水・秘水」として選定しました。

信州の名水・秘水のページ:http://www.pref.nagano.jp/kankyo/mizutaiki/mizu/meisui/kasyo/meisui-annai.htm

このブログのトップへ