信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

千曲川の源流を訪ねて

日本一の大河信濃川の水系であり、甲武信ヶ岳を源とする千曲川の源流を訪ねました。
8月5日(木)信濃川を守る協議会佐久ブロックが主催する「第23回千曲川の源流を訪ねて」に参加しました。

当日は晴天。参加者、スタッフ併せて70人ほどが登山に参加しました。参加者は、子供から大人まで幅広い年齢層が集まっていました。

午前9時、いざ登山に出発。出だしはなだらかでひとつの塊になっていましたが、1回目の休憩地を過ぎた当たりから、少しずつ列が長くなってきました。写真を撮る人、水分補給をする人、休みながら行く人と、参加者は無理をせず、自分のペースで源流をめざしました。


青空の下、(日頃の運動不足を反省しながら)汗だくの登山となりましたが、川の流れに目を向け、苔のむした岩を眺め、せせらぎの音を聞きながら自然を満喫できます。

3回の休憩を間にとりながら、12時30分源流到着。涼しい風が気持ちよく、次々と到着する人々をみんなが拍手で迎え心安らぐひとときでした。

お目当ての源流は、手を入れると痛くなるほどの冷たい水が湧いています。ご褒美においしい水をいただきました。

お昼を食べて一休みすると朝の天気からは想像できない曇り空に。雨もぽつぽつとあたってきました。昼食休憩は少し短くして、下山です。案の定、途中から大雨になり、合羽を着ての下山となりました。

16時20分登山口到着。下山途中から足の張りがでてきましたが到着できました。残念ながら途中で登山を中止された方も何人かいたそうですが、無事「千曲川の源流を訪ねて」は終了しました。

日本一の大河に想いを馳せながら、源流の清らかな水にふれて、水に感謝する良い機会になりました。しかしながら、翌日、筋肉痛に悩まされたことは言うまでもありません。

【所在地】
南佐久郡川上村梓山

【問い合わせ先】
川上村企画課
 電話0267-97-2121
 E-mail:kawakamimura@vill.kawakami.nagano.jp

【アクセス】
●JR小海線川上駅下車 梓山行きバスで43分梓山下車 徒歩4時間30分
●上信越道佐久ICから車で毛木平まで1時間40分 徒歩4時間

【信州の名水・秘水】
豊かな水環境に恵まれた長野県には、良好な水質、優れた景観、歴史的価値を持ち地域の誇りとして住民に守られてきた「名水・秘水」が数多く存在します。
長野県では水の大切さを再認識し、水環境を保全する意識の高揚を図るとともに、地域の活性化に役立てるため、平成22年1月に「信州の名水・秘水」選定委員会により、湧水等の中から特に優れたもの15箇所を「信州の名水・秘水」として選定しました。
信州の名水・秘水のホームページ
 http://www.pref.nagano.jp/kankyo/mizutaiki/mizu/meisui/kasyo/meisui-annai.htm


 

このブログのトップへ