信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

カノープスを見よう ☆

カノープスを見よう ☆

カノープスは、おおいぬ座のシリウスに次いで全天で2番目に明るい白色の恒星です。
しかし、南天の星で日本からはなかなか見ることができません。
南の地平線から長野市で約1.3度、飯田市でも約2.5度しか高くなりません。

カノープスが見やすいのは、1月20日頃では22時頃、2月上旬では21時頃で、南に山がなく開けた場所であることが必要です。
おおよその位置は、おおいぬ座の足の2つの星を南にたどっていったところで、地平線近くの大気の影響で、赤味を帯び本来の明るさより暗く見えます。

中国では、カノープスを「南極老人星」と呼んでおり、南極老人は長寿をつかさどる神であることから、この星を見ると寿命が延びるとされています。

だいぶ寒いですが、空気が澄んで星が見やすい時期です。
まだカノープスを見たことがない方は、風邪などひかないよう気をつけて、ぜひ挑戦してみてください。

 (小諸市高峰高原(車坂峠)から見た佐久平上空のカノープス)



このブログのトップへ