特集展示「台風19号をふりかえる」

特集展示:
台風19号をふりかえる
(R2年10月末‐R2年11月末)

 

 

 

 


2階一般図書室では
「台風19号(令和元年東日本台風)」に関連する資料を展示しています。

2019年10月12日、大型で強い勢力の台風が静岡県の伊豆半島に上陸し、
長野県の千曲川など全国約140カ所で堤防が決壊するなど、
人々や家屋等に大きな被害をもたらしました。

今回の展示では、
写真や新聞記事などで当時をふりかえる報道写真集などを展示しています。

また、当館に所蔵している広報誌より下記の自治体の広報誌を展示しています。
『広報ながの(長野市)』『広報なかの(中野市)』『広報飯山(飯山市)』
『広報すざか(須坂市)』『広報とうみ(東御市)』『広報SakuLIFE(佐久市)』

計6自治体の広報誌には、復興に関する記事へ、
しおりを挟んで紹介しています。

さらに、新聞データベースや農業系データベースなど、
台風について調べる様々な方法も紹介しています。

たとえば、国土地理院のホームページでは、
台風19号で浸水した地域色付けした長野市内の地図を
見ることができます。

1 2

このブログのトップへ