11月のテーマ本「大集合!のりもの絵本」

電車やバスの運転士になりたい!

パイロットになって空を飛びたい!

バイクやレーシングカーに乗ってカッコよく走りたい!

 

子どもにとって、“のりもの”を操縦する仕事は、いつの時代でも憧れの的です
偉いらしいが何をしているかよくわからない「社長さん」よりも、あの大きなバスを目の前で動かしているバスの運転手さんの方がヒーローだったりするのです。

もちろん、大人になっても憧れの乗り物があるという方もいますよね
私はフォークリフトを操縦してみたくて、運転技能講習に通ってみようかと悩んだ時期がありました。
でも仕事で使う機会もないので、なかなか踏ん切りがつかずまだ実行には至っていません

 

そんなわけで?図書館では“のりもの”の本は、定番の人気ジャンルです。

寒くて天気の良くないような外で遊ぶのをためらってしまう日は、暖かい家の中で親子で憧れの乗りものの絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか

 

<こんな本がありますよ♪>

child1711
『じどうしゃ』 寺島龍一画 福音館書店 1966 【E/ジ】

『熱気球』 ガブリエル・バンサン作 もり ひさし訳 BL出版 1998 【E/ネ】

『おばけドライブ』 スズキコージ作 ビリケン出版 2003 【E/オ】

『ちいさいケーブルカーのメーベル』 バージニア・リー・バートン作 桂宥子,石井桃子訳 1980 【E/チ】

『ひこうき』 バイロン・バートン作・絵 金の星社 1992 【E/ヒ】

『ふねにのった』 谷井健三作 福音館書店 1984 【E/フ】

◎このほかにもたくさんの絵本があります。

また、読み物や図鑑も豊富にありますので、探したい本があればお気軽にご相談くださいね

1 2

このブログのトップへ