じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上小の木橋(上田市丸子腰越地区)

農政課のNです。
上小地域に現存する2つの木橋の一つが上田市丸子腰越地区にあるということで、行ってきました。





この地区を流れる依田川には、アーチ型(専門用語ではローゼ桁と言うそうです。)の腰越橋がかかっていますが、その上流に木製の馬坂(うまさか)橋が架かっています。

幅は約2m。車は通れませんが、私が写真を撮ろうとしていましたら、反対側からオートバイが渡ってきました。


見たところ、比較的新しい感じがしますが。それもそのはず。平成18年の豪雨で橋の半分が流され、その後、再建されたということです。
周囲の風景になじんだ、なつかしい風情の橋ですね。お盆には地元開催の盛大な花火大会もあり、たまたま通りかかった私は、腰越橋の信号待ちの間、しばし美しい花火を楽しませてもらいました。

このブログのトップへ