国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 長野インターナショナルクリスマスキャロル2018(メーガン、呉、李)

長野インターナショナルクリスマスキャロル2018(メーガン、呉、李)

平成30年12月8日に、クリスマスキャロルのイベントを開催しました。メーガン、呉、李CIRと長野県のALT、そして長野に住んでいる外国人等が東急デパートの前でキャロルを歌いました。

 

キャロルは計7曲で、日本語、英語、中国語、韓国語で歌いました。日本語以外の各言語は、3人のCIRがリードして歌いました。キャロルの途中にデパートに来ていた子供たちが一緒に歌ってくれたりしました。また、サンタプロジェクトの募金を一緒に進め、沢山の方々が参加してくれました。

 

キャロルの前半が終わった後、休憩を挟んでパスポートゲームをしました。パスポートゲームとは、子供たちが国の挨拶をすると、外国人にサインをもらって、5つ以上のサインがそろえるとお菓子がもらえるゲームです。今年はアメリカ、韓国、中国を含め、フランス、マレーシア、カナダ、フィリピン、イギリス等、様々な国からの参加者が多かったので、子供たちにも色々な国の挨拶を学べるチャンスだったと思います。

 

 

キャロルをもう一度歌って、今年のキャロルイベントも無事終了しました。参加者の皆さん、そして一緒に歌ってくれた子供たち、ありがとうございました。皆さん、お疲れ様でした。

 

このブログのトップへ