国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

新しい研修員がきました。(チョウ)

平成25年度研修員相互派遣事業で中国から2人、メキシコから1研修員がやってきました。

6月3日~6月14日の間、日本語の勉強のほかに、日本文化の体験をしました。

善光寺を散策した時、近くの喫茶店のアイスとケーキを食べました。

「美味しい」とみんな言いました。

English Gardenのご主人様はとても親切でした。きれいな花を楽しみました。

「一期一会」のお茶会で先生方に、日本の伝統的な茶道を教えていただきました。
いい勉強になりました。ありがとうございました。

日本の伝統的な陶芸も体験しました。心を込めて作った物は大切な人にあげましょう!

6月17日から11月22日まで、中国の2人は須坂病院で、メキシコの1人は信州大学で
研修する予定です。

皆さん、楽しい仕事と生活をお祈りします。

頑張って!

このブログのトップへ