国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

イギリスのティータイム (クリス)

平成28年3月10日、須坂市中央公民館で異文化理解講座が行われました。私がウェールズの紹介をし、歴史、習慣、食べ物について発表しました。

IMG_0439

 

ウェールズの事をご存知の方が少なく、皆さんが嬉しくて、勉強になったと言っていました。参加者は静かに聞いてくださり、質問をたくさんしてくださって、私も嬉しかったです。

IMG_0445 IMG_0454

発表後、ウェルシュケーキの作り方を教え、参加者の皆さんで調理してみました。皆さん料理が上手で、とてもうまく出来ました。ウェルシュケーキが出来上がったら、紅茶を飲みながら、食べました。とても美味しかったです。

 

皆さん、一緒にティータイムをしませんか。

 

最期に、英語でイギリスのティータイムを紹介します。

 

 

 

Tea Time

 

Tea time can refer to a number of different meals throughout the day in modern Britain, but perhaps the most famous of all is “Afternoon Tea”. This light meal, originating as early as the 1600s, developed amongst the wealthy classes in the UK and came into its current form and was observed by both upper and lower classes by the late 19th century. The poorer working classes of the time would need a small pick-me-up to get them through their late afternoon shift, and so around 4pm would have a short break and drink tea with sugar and milk. The caffeine and sugar gave them just enough energy to finish a day of hard work.

1 2 3 4 5

このブログのトップへ