信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

長野県魅力発信ブログ > 信州自慢の水と空 > 水みずミズ > 信州名水秘水 > 信州の名水・秘水「大沼の池」を紹介します。

信州の名水・秘水「大沼の池」を紹介します。

御代田町の古刹「真楽寺」の境内にある「大沼の池」に行ってきました。

 

【概要】
 浅間山の噴火が鎮まることを祈願して、6世紀末に建立されたと伝えられる古刹「真楽寺」の境内、仁王門を入ったところにこの泉はあります。

 池底からは豊富な水が湧き出し、うっそうとした杉木立を水面に映しています。




 池の一角には、この地に伝わる「龍神伝説」にちなんだ人造の龍が鎌首を覗かせています。

 ここは、勇壮な夏祭り「龍神まつり」の重要な舞台ともなります。




 湧水は、かんがい用水として利用されており、利用者が、毎年、池の掃除と周辺の草刈を行っています。

 

【トピックス】

 5月25日に現地を訪問しました。

 大沼の池は、お寺の感じとマッチしてとてもきれいな風景で、是非また行ってみたいと感じました。




 静寂の中、周囲の新緑が水面に映えています。






【問い合わせ先】

御代田町町民課 電話0267-32-3111

E-mailmiyota@town.miyota.nagano.jp

 

【アクセス】
●しなの鉄道御代田駅下車 小諸行きバスで10分 真楽寺入口下車 徒歩5分

      上信越道小諸ICから車で15
地図はこちら



LINEで送る

このブログのトップへ