北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 北信地方事務所からのお知らせ > 学校の壁が県産材できれいになりました!                  ~森林づくり県民税活用事業紹介第1弾・木育推進事業編その1~

学校の壁が県産材できれいになりました!                  ~森林づくり県民税活用事業紹介第1弾・木育推進事業編その1~

こんにちは、林務課の座高一です。

 

2月28日(火)に「みんなで支える森林づくり北信地域会議」が開催され、森林づくり県民税(森林税)を活用して平成28年度に実施された取組を報告しました。

 

そこで、このブログでもシリーズで、森林税がこの北信地域でどのように活用されているのか、ご紹介したいと思います。

 

第1弾として、木育推進事業です。

次代を担うこどもたちや地域住民の皆さんが、里山や地域の木材に目を向け、森林づくりへの理解を深めていただくための事業です。

 

具体的な事業をご紹介します。

学校の壁を木質化する取組です。

 

山ノ内町の山ノ内中学校です。

生徒さんが一生懸命県産材の板を打ち付けています。

木育1

 

どうですか?きれいにできました。(さすが中学生)

木育2木育3

 

次は、木島平村の木島平小学校です。

こちらは、大人の手も借りて頑張りました。

mokuiku4

 

マイ箸づくりも体験しました。

mokuiku5

 

身近なところで、森林税が使われています。

第2弾は、木育推進事業その2として、木を使った創作の様子をお届けします。

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE