国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 長野びんずる祭りに参加しました(トウ)

長野びんずる祭りに参加しました(トウ)

平成27年8月1日、第45回を迎える長野びんずる祭りに参加しました。昭和46年に第一回を開催し、踊りのために道路を開放するなど、当時としては大変画期的な試みがいくつか行われ、全国の市民祭の先駆けとなったそうです。

5

踊りを楽しんでいる皆さん

4

お祝いとして、着物を着てる女性たち

     びんずる祭りは私が日本で体験した初めてのお祭りです。事前に何度も踊りを練習し、本番がとても楽しみでした。私は日中友好の連に参加しました。岡谷の出張から長野市に戻ったばかりで、ちょっと疲れていましたが、日中友好協会の人たちと楽しく踊り、祭りを楽しむことができました。

1

踊りの道具

2

日中友好連

3

皆さんとの記念写真

     びんずる祭りに参加したことがない皆さん、びんずる祭りはお勧めですよ。情熱的な長野市民、にぎやかな夜の屋台など楽しいことが沢山あります。来年の八月に皆さんの参加をお待ちしています。光で輝く夜の長野市の景色を観賞しながら、思い切り踊りを楽しんでください。ぜひご参加ください。

 

 

このブログのトップへ