国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

Welcome to Nagano Party (Part 2)

 9月27日に、新しく長野に移り住んだ外国の人達を歓迎するためのWelcome to Nagano Party (長野へようこそパーティー)に行ってきました!
 今回のパーティーは、6月末に行われた「Welcome to Nagano Party (長野へようこそパーティー)」の第2弾で、20人くらい集まりました。
 当日は、開始時間の30分ほど前に会場に着き、会場の準備と飾りなどの手伝いをしました。

Welcome Party1
前回と同じ、5種類の言語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語)を使って書いた「長野へようこそ」です。

Welcome Party3 
パーティーが開始する前に、自己紹介をしているマヤさんです。

Welcome Party4
Welcome Party2
 
 ブラジル、チリ、アメリカ、中国、そして日本の方もたくさん参加しました。皆さんは、それぞれ自分の国を代表する手作り料理(水餃子、チリの漬物、おにぎりなど)を持ち込み、食べながら楽しく交流をしました。
 チリ出身の二人は、前に台湾に約7年間住んだので、中国語がとてもお上手です。二人は、英語もペラペラでしたが、日本語ができなくてちょっと残念でした。

Welcome Party5
Welcome Party6

 途中で、日本の伝統的な木管楽器の尺八とお琴の演奏があり、素晴らしいパフォーマンスでした。その後に、実際にお琴に触ったり、演奏の体験をやらせていただきました。とても楽しい体験でした。

このブログのトップへ