国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 信濃町の森林セラピーを体験しました。(李、呉)

信濃町の森林セラピーを体験しました。(李、呉)

平成30年10月17日に信濃町の「癒しの森」で森林セラピーを体験しました。

今回長野県で「森林空間における保養活動推進フォーラム」が開かれ、中国、韓国の森林関係者が長野県にお越しくださいました。私たちはそれぞれの国を担当し、ガイドさんの通訳をしました。

 

信濃町では、「森林メディカルトレーナー」という町認定のガイドさんがいます。セラピーのコースをともに回り、森の持つ癒し効果の説明や呼吸法などを行います。

 

森の中を裸足で歩いてみたり、水に足をつけてみたり、丹田式呼吸等をすることにより森林セラピーの様々な療法を体験することができました。また、マイナスイオンや1/fゆらぎ等以前知らなかったセラピーの知識について沢山学んでとても勉強になりました。

このように長野県の自然を体験し、紹介できる機会があれば是非また参加してみたいです。

 

 

このブログのトップへ