長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県と民間のコラボ企画 > ★取り組み > ★セブン > セブン■初の環境に配慮した実験店舗オープン

セブン■初の環境に配慮した実験店舗オープン

セブン-イレブン初の環境に配慮した実験店舗が長野市内にオープンしました。


(写真:店舗内ではポスターで省エネ型店舗であることをお客様にアピール。)

オープンしたのは、長野市吉田の「セブン-イレブン長野吉田2丁目店」。
エネルギー効率の高い省エネ型の照明等を導入した環境配慮型の実験店舗としてオープンしました。
省エネ型照明や反射率の高い床材などを導入し、照明に必要な電力量を通常より約25%削減した店舗で、セブン-イレブンとして初めての出店とのこと。


(写真;エコバッグも大々的に販売されていました。 )

開店キャンペーンでは、「環境保全に関するポスターコンクール」の入選作品が店内に掲示されたほか、「信州エコ“泊”覧会」の登録施設の宿泊券が当たる抽選会も行われました。

※「信州エコ“泊”覧会」は、環境に配慮した「エコ心」をもったおもてなしを実践する長野県内の宿を登録し、自然や文化を守り育み次世代へとつなぐ、持続可能な観光をともに目指す長野県の取り組みです。
「信州エコ“泊”覧会」ホームページ

地図はこちら

このブログのトップへ