長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県と民間のコラボ企画 > ★取り組み > ★サークルK > サークルK■「信州の味をもっと!!」フェア開催

サークルK■「信州の味をもっと!!」フェア開催

平成20年12月9日~12月22日、長野県内のサークルK全店で、信州MOTプロジェクト「信州の味をもっと!!」フェアを開催しました。

長野県内のサークルK全123店(平成20年10月末現在)で、県産大豆でできた豆腐や県産きのこを使った弁当、県産ブルーベリー・りんご・あんずを使用したパンなど、「地産地消」商品計27品が販売されました。

※ 一部商品は、愛知・三重・岐阜・静岡 の各県でも販売

「信州MOTプロジェクト」は、長野県内の地産地消を推進しようというサークルKサンクスの取り組みで、今回のフェアはその一環。
「地産地消」は包括協定で掲げられた連携項目の一つです。

・サークルKサンクスからのプレスリリース
http://www.circleksunkus.jp/data/up/2008.12.8.mot.pdf

このブログのトップへ