国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 松川村国際交流会に参加してきました(トウ、クリス)

松川村国際交流会に参加してきました(トウ、クリス)

平成27年11月28日(土)に、松川村国際交流会に参加してきました。

場所は松川中学校でした。参加者は松川中学校の生徒、国際課のクリスCIR(国際交流員)、長野県のALT(外国語指導助手)と私でした。6グループに分けられ、ゲームやバンブーダンスやバレーボール、クリケットなどのスポーツを通して、英語で交流しながら、試合をやりました。

1

一生懸命クリケットをやっている学生

2

バレーボールを頑張っているクリスCIR

 私は初めてバンブーダンスとクリケットに挑戦しました。しかし、運動不足の私はとても下手でした。

昼ご飯の後、CIRとALTはそれぞれの国の紹介をやりました。クリスCIRはポスターを使って、イギリスを紹介しました。私は皆にクイズを出しました。元々中国から伝わってきた「娘」、「手紙」、「丈夫」などの漢字は中国語でどういう意味かを聞きました。長野の皆さんはそれをご存知ですか。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

食べながらの交流

5

皆にクイズを出している私

IMG_8954

母国を紹介しているクリスCIR

 私も他のALTの母国の紹介を聞いて、色々と勉強になりました。

1 2

このブログのトップへ