国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

初めまして! (チョウ)

長野県のみなさん
こんにちは
始めまして、張金霞(チョウキンカ)と申します。中国の河北省の出身です。
2012年4月13日から、国際交流員として長野県観光部国際課で勤め始めました。宜しくお願いします。
早いもので長野へ来てから一ヶ月になります。これまでに体験したことを皆さんにお話したいと思います。


初めての日曜日、天気がよかった。地図を見ながら善光寺へも遊びに行きました。1400年の歴史を持つ善光寺は日本の重要文化財です。一生に一度は善光寺詣り、阿弥陀如来様との結縁の場として、民衆の心の拠り所として深く広い信仰を得ております。単身赴任の私を守ってください、遠い中国にいる家族を守ってくださるようにお願いしました。

ゴールデンウイークは小布施と松本へ行きました。これは小布施の岩松院で撮った写真です。私は中国にいる時、桜の花を見たことはありましたが、こんなに見事な満開の桜を見た瞬間は、びっくりしました。素晴らしい!栗と北斎と花の町、歴史を見て、文化に触れる。静かな町をぶらぶら歩きながら、歴史の中を歩き、桃源郷の小布施はいい思い出ですね。


小布施の静かさと違って、5月6日の松本城は物凄く人が混んでいました。天守閣に登るのに約2時間待ちましたが、行った甲斐があると思います。松本城公園を散歩しながら、北アルプスを抱いた威風堂々とした姿にすっかり感心しました。季節ごとに見せるさまざまな表情が美しいとよく言われていますので、また訪れたいと思います。

今までずっと広々とした華北平野で暮らしていた私は、松本へ行く途中、立派な雪山の姿を見る感動は言葉で表現できません。本当に神秘的なところで、神様が住んでいるではないかと思ってしまいます。こんなに近い距離で雪山を見られると登山に挑戦してみようかと思います。興味のある方は一緒に行きましょう。

その練習として友人と朝日山に登りました。頂上から長野市の全景が見えます。ちょっと曇ってもきれいでした。往復4時間の運動でちょうどいいです。自然を楽しみ、新しい友だちを作り、日本語も練習できますから、本当に嬉かった。


もちろん、仕事も楽しんでいます。台湾からの訪日教育旅行団があり、通訳として長野商業高等学校と松本大学を訪れました。女子のチアリーデイングと男子の剣道のパフォーマンスに大変感心しました。本当に元気な学生です。活躍してくださいね。


五月に入ると、学校訪問と国際イベントが沢山で忙しいです。本格的に国際交流員の仕事が始まります。心から新しい体験を楽しみにしています、人と人を繋ぎ、国と国を繋ぐ、あらゆる人々との出会いを大切にして皆さんと交流したいです、よろしくお願いします。

1 2

このブログのトップへ