国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > [パティ] 大町ビーンズのインタナショナルイベント

[パティ] 大町ビーンズのインタナショナルイベント

10月24日に大町市で国際交流イベントを開催して、とても楽しかったです!

私は月1回大町市の「大町ビーンズ」という英会話講座に派遣されています。このグループはもともとオリンピックボランティア向けの英会話グループで、メンバーが少し変わってもその時からずっと続けています。皆さんはせっかく英語を勉強しているので生の英語、または外国人と触れ合う機会を作りたいと思っていて、ビーンズの協力のもとこのイベントを企画しました。

10時半ごろに大町公園でビーンズの6人と県内に住んでいる外国人の10人が集まりました。揃ったところで、霊松寺へ向って歩き始めました。景色がきれいで、一緒に歩きながら話もたくさんできました!



天気は微妙でしたが、気にせずちょっとハイキングを!



道沿いに、信州DCの旗を見つけた。

霊松寺でビーンスのメンバーで知り合いの岡田先生というボランティアガイドさんが英語で案内してくれました。素晴らしい説明をしていただいて、勉強になって、お寺のことをよく分かってきました!やはりガイドや説明がないと、外国人は日本のお寺をあまり深く理解したり感心したりできないと思います。お寺の建物と境内を回って見ましたが、紅葉はまだまだです。残念!



岡田先生は流暢な英語で説明



この辺りの紅葉は、来週あたりがいいかもしれない!



霊松寺の大門のところで集合写真

大町公園へ帰って、「ポットラック」のお昼を食べました。「ポットラック」というのは、皆さんが一皿ずつの料理を持ち寄って、皆で分けて食べることです。こういうイベントでは色々な国と文化から来ている方がいるので、とても面白いですよ!おいしいものばっかり食べてもらって、会話も弾んでいました。



ごちそうさまでした!

3時頃に解散しました。このイベントはいい国際交流だけではなくて、本当に楽しい一日にもなりました!

このブログのトップへ