国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

「シュウちゃん」SBCラジオでの出演

先週の金曜日(1月7日)私は中国出身の国際交流員として「信州Fall in Love」に出演しました。「信州Fall in Love」!(毎月第一金曜日の14:15分ごろ放送ている)という番組は、長野県内に住んでいる海外出身の人々をゲストに招き、長野県での生活の感想などについて、アナウンサーと話をする番組です。
初めて日本のラジオ番組への出演、その上生放送、ちょっと緊張......


14時ごろ、アナウンサーの岡本由季さん(写真左側)と会いました。とてもお美しい方ですね!
短い打ち合わせの後、放送が始まりました。
長野に住んでいる間の経験と面白いエピソードなどを話題にして岡本アナといろいろ話しました。
たとえば、雪が多い冬、雪山、4月の時満開した桜の花など、たくさんの見たことない景色に感動しました。
そして日本に来る前、県庁から届いて来た長野県を紹介するパンフレットに書いてあった「信州」という言葉を見て、「あれ!長野じゃないですか?行く場所が変わりました?」とびっくりしてしまい、信州と長野県は別の場所だと勘違いをしました。


ちょうど半月前は日本のお正月でしたが、スーパーとデパートは年末年始のバーゲン、神社とお寺のお祭りなどいろいろ行われて、日本独特なお正月雰囲気を感じました。しかし、せっかくお正月の間日本にいますが、日本の御節料理を食べることができなかったのが、ちょっと残念だったと思います。

岡本アナが「中国のお正月は日本とはどんな違いがありますか?」と聞きました。中国のお正月は「旧暦」ですから、大体1、2月の間で毎年変わります。旧暦1月1日の夜は、一晩中花火と爆竹が響いてすごくにぎやかです。


そして、食べ物については、私「日本のお寿司、おそば、天婦羅うどんが大好き」と教えたら、岡本アナが「食には関心があるんで、どうしてもそういう話に言ってしまうんですけど」と言われていました。
面白いところですが、「中華デザート」の杏仁豆腐は日本で初めて見ました。杏仁豆腐というものは私の故郷では珍しいからね。

日中文化の面では、アニメを中心として話をしました。日中交流が深めると共に、日本文化はますます中国の人々に知られています。特に日本文化産業の柱の一つと呼ばれている漫画とアニメは中国でブームになっています。その中でも、私の大好きなワンピースと岡本アナ子供の頃に好きだったドラゴンボール、そしてNARUTOや名探偵コナンなど、中国では大人気です。

最後に、将来の夢について聞かれた時、「日中友好交流の架け橋として頑張りたいです」と答えました。それは大きな夢です。実は「信州の果物がすごく有名で、今年は巨峰の葡萄狩やリンゴ狩に行きたい!」といった目の前ですぐ叶えることできる小さな夢も持っていますよface02

15分の放送はあっという間に終わりました。親切で可愛い岡本アナと話しながら、最初の緊張感はだんだん消えてしまいました。今回の出演は、いい経験になりました。後で録音を聞いて、「これが私の声?」と不思議な感じがしました。たぶん一生の面白い思い出になるでしょう。

このブログのトップへ