国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > [ぼんちゃん]韓国語講座をやってみました!

[ぼんちゃん]韓国語講座をやってみました!

最近では、韓国料理、韓国ドラマ、K-Pop などで、
日本にも韓国のいろいろな部分が知られています。
日本と韓国、距離的にはとても近い国ではありますが、
言葉と文化などは、かなり異なります。

そこで、仕事上、韓国と交流がある県の観光関連課の職員を対象に
10回の韓国語講座(1回1時間、12月-2月)を企画してみました。

本当に短い期間でしたので、
どうすれば、より効果的な講座になるのか
かなり悩みました。

そして、私なりに決めた小さい目標は
大きく3つです。

①ハングルが読めるように。

「ハングル」というのは、韓国の文字のことを言います。
たまに、ハングル語という方がいらっしゃいますが、
それは間違った表現になります。
言語の場合は、韓国語または朝鮮語が正しいです。

「ハングル」は、記号のように難しく見えますが、
少し勉強すれば、すべての文字を簡単に読むことが出来ます。
(問題は、意味がわからない。。?icon10

②韓国の文化を知ってもらう。

食文化、旅行、祝日、ビジネスマナーなどを
紹介しながら、関連用語・会話などを勉強します。

1 2 3

このブログのトップへ