長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県と民間のコラボ企画 > その他の連携 > アサヒビールが、信州の山岳環境保全事業をサポート

アサヒビールが、信州の山岳環境保全事業をサポート

長野県は、様々な民間企業、団体、地域住民の皆さんのご協力を戴きながら、連携して各種施策を実施しています。ここでは、そんな連携について紹介していきます。


平成23年2月3日(木)、長野県庁で
「アサヒスーパードライ『うまい!を明日へ!』プロジェクト第4弾」の寄付金贈呈式が行われました。

寄付金贈呈式

アサヒビール株式会社では、「アサヒスーパードライ『うまい!を明日へ!』プロジェクト」と題し、自然や環境、重要文化財などの保護・保全活動に対し売り上げの一部を各都道府県に寄付しています。

長野県では、このプロジェクトからの寄付金を活用して、登山道の整備や高山植物の保護などに取り組んでいます。

長野県における当プロジェクトは、平成21年3月から行われており、平成21年度は、駒ヶ根市、宮田村、小谷村の3市村の登山道整備事業に補助を行いました。

本年(22年度)は、伊那市、白馬村の登山道整備、伊那市長谷・長野市戸隠の携帯トイレブース設置、飯田市南信濃の植生保護柵設置に補助を行いました。
また、山小屋関係者がボランティアで行っている登山道維持補修についても当寄付金を活用させて頂きました。
事業の一部をご紹介します。


食害防護柵
南アルプス国立公園の兎岳に、ニホンジカの高山植物食害を防ぐため、防護柵を設置しました。
(黄色の点線の箇所)
近くで見るとこんな感じです。↓

食害防護柵

中部山岳国立公園 北アルプス 針ノ木岳では、登山道の補修を行いました。

登山道補修前
上の写真は補修前です。補修後は、とても歩きやすくなりました。↓

登山道補修

平成23年度も、北アルプス、上信越高原、中央アルプスなどの登山道整備やニホンジカの食害を防止するための柵の設置など色々な用途に活用させて頂きます。

【これまでの経緯】
H21. 7. 1 第1回寄付金贈呈式(332万6,957円)
H22. 2. 8 第2回寄付金贈呈式(718万768円)
H22. 7.27 第3回寄付金贈呈式(822万8,538円)
H23. 2. 3 第4回寄付金贈呈式(758万9,858円)
寄付金合計額 2,632万6,121円

【お問い合せ先】
環境部 自然保護課
電話 026-235-7180

このブログのトップへ