【休館27日目】Made by 長野工業高校!

12月26日(水)、休館中の営業日27日目です。

3階の工事の音が、今日はやけに近くで聞こえるなぁ……

おや? 音が響いているのは、事務室の脇と中二階の休憩スペースでした。

作業しているのは……高校生

3階工事とはまったくの別件。こちらは長野工業高校(長工)建築科、3年の生徒さんたちです。

当館から「長工の生徒の皆さんに何か作ってもらえませんか?」と話を持ち掛けたのが昨年のこと。すでに年度内の授業カリキュラムが組まれているとのことで、コラボは翌年へと持ち越されました。

そして今年、満を持してのプロジェクト始動です。藤原先生が担当する課題研究の授業で“地域連携チーム”が組まれ、6名の生徒さんが図書館担当となりました。

この図書館に足りないもので、何があると嬉しいか、どんなものなら作れそうか。

審議の結果、中二階の休憩スペースに置くカウンターテーブルと、閲覧室入口の黒板型掲示板を作っていただくことになりました。わーいわーい、たのしみっ!

設計してくれたカウンターのデザインはこんな感じ。

設置場所の形状に合わせてこまかな工夫がされています。資材は図書館で用意しましたが、製作はすべて長工のみなさんにおまかせしました。

プロジェクトが開始した6月以降、彼らが館内で計測する姿をたびたび見かけました。県立長野図書館から一番近くの高校なので、授業時間内に行き来することが可能です。

 

カウンターテーブル班は4名。

 

こちらは掲示板班の2名。鉄板を入れてくれたのでマグネットもつくよ~

仕上がってきましたね。藤原先生、ありがとうございます。

館長もうれしそうです。

木の風合いを生かした透明塗装。ここでコーヒー飲みたいよねぇ

今日の作業が一段落したところで、指導担当の藤原先生にお話をうかがいました。

建築科の専門授業は設計図面を引くことが中心で、木材加工は入っていません。授業で教わっていない“ものづくり”への取り組みに、最初は生徒さんたちの戸惑いが見られたそうです。しかし、自分たちが設計したものを形にしていく経験を通して、新鮮な喜びとともに、責任の重みも実感したのではないでしょうか。

1 2

このブログのトップへ