国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 初めて外国で新年を迎えました!(トウ)

初めて外国で新年を迎えました!(トウ)

長野の皆さん、明けましておめでとうございます!お正月をお元気でお過ごしと存じます。

私は初めて日本で新年を迎えました。鳥取県から遊びに来てくれた二人の友達と、県庁国際課に新しく来た河北大学のインターンシップ生と、四人で楽しく2016年の元日を迎えました。

元日の長野はいい天気で、初日の出も見られました。そして、寒くなかったです。私たち四人で温かい太陽光の下で、善光寺に初詣でに行きました。善光寺は人でいっぱい、非常に込んでいました。友達はお守りを買うつもりでしたが、人が結構列を作ったので、やむを得ずあきらめました。

友達は長野で一日間だけの滞在で、長野の魅力をたくさん体験することは難しいため、長野の有名な観光地、地獄谷野猿公苑にスノーモンキーを見に行きました。地獄谷は晴れでしたが、地面に雪が積もっていて、とても寒かったです。それでも、さすが日本の絶景で、スノーモンキーを見に来た外国人はたくさんいました。ただし、スノーモンキーは自分を囲んで、写真を撮ってくれた人間を無視して、自由気ままに行動していました。私以外、三人は地獄谷が初めてでした。帰った後も、三人はまだ名残を惜しんでいました。

1

 

 

 

 

 

 

四人の記念写真

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

1 2 3 4

このブログのトップへ