国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 楽しい世界文化体験キャンプ (ぼんちゃん)

楽しい世界文化体験キャンプ (ぼんちゃん)

長野県内には8人の国際交流員がいます。
県庁にいる3人の交流員以外には、みんな職場もばらばらで、
8人が一緒に仕事をする機会は、ほとんどありませんでした。

そこで、去年、みんなが力を合わせて
何かイベントをしてみようと話し合い、企画したのが
世界文化体験キャンプだったのです。

交流員の国籍は
韓国、中国、台湾、アメリカ、オーストラリア、カナダ!
子供たちと1泊2日間、世界の文化、食べ物、ゲームなどの通して交流し、
2010年の1回目は大成功に終わりました。
そして、今年もキャンプを開催することに!



キャンプの場所は長野市青少年練成センター。
まずは館内の説明を聞きます。
まだ仲良くなる前のせいか、少し緊張している様子?!


体育館でみんなの自己紹介が始まります。



最初のゲームは、中国のこどもの遊び、
「風船を運ぶアリ」というゲームです!
目が見えない~~~アリたち、頑張ってね!icon10



次は韓国の伝統武術「テコンドー体験」です。
今回は東京の韓国文化院から、
先生を呼び、服を借りるなど本格的な教室でした。
帯の結び方を教えてもらっています。

1 2

このブログのトップへ