信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ミュージアムナビ > 信濃美術館 > 「没後100年荻原碌山展」開幕です!!

「没後100年荻原碌山展」開幕です!!

こんにちは、信濃美術館です。

2月5日(土)「没後100年 荻原守衛展 −ロダンの情熱を継いだ人−」が開幕しました。

初日のセレモニーは、和田恭良長野県副知事をはじめ、展覧会開催にご協力いただいた碌山美術館の所館長様ほか、40名を超えるご来賓の皆さまにご参列いただき、寒さも吹き飛んでしまうような賑々しい雰囲気の中で行われました。

現在の安曇野市穂高に生まれた荻原守衛(号・碌山)。近代日本彫刻界に大きな足跡を残した守衛の業績を顕彰する今回の展覧会には、彫刻14点、絵画28点、資料8点、守衛以外の作家の作品21点、計71点が展示されています。

変革と躍動の時代「明治」に生き、若くしてその生涯を閉じた荻原守衛。その生命感溢れる作品の数々を、是非この機会にご堪能ください。さらに、ロダンや守衛が追い求めた表現が、その没後どのように引き継がれ、また変化していったのか、戸張孤雁、中原悌二郎、高村光太郎、朝倉文夫らの作品で紹介する特集展示もあわせておたのしみください。

「没後100年荻原守衛展」は3月6日(日)まで開催致します。
お見逃しなく!!

テープカット           内覧会風景

会期中のイベント情報
●スペシャルギャラリートーク
2月19日(土)13:30〜 講師:武井敏氏(碌山美術館学芸員)
荻原守衛の人と芸術を中心にお話いただきます。
申込:不要
費用:無料(ただし観覧料は必要)

●ワークショップ:彫って、くっつけて、塑造に挑戦!
2月20日(日)13:00〜
石鹸と粘土を使って「彫る=彫刻」と「くっつける=塑造」を体験しよう!
申込:必要(電話またはFAXで信濃美術館へ事前にご連絡ください。)
対象:小学生以上(20名まで)
費用:無料(ただし観覧料は必要)
会場:信濃美術館3階講堂

※2月12日、2月26日、3月5日(いずれも土曜日)の13:30からは、当館学芸員がギャラリートークを行います。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4
電話)026-232-0052/FAX)026-232-0050
e-mail)npsam@coral.ocn.ne.jp / URL)http://www.npsam.com

このブログのトップへ