「NEW郷土雑誌」

今季一番の寒波が日本列島を襲い、長野県もだいぶ雪が降り冷え込みました

まだまだ寒い日が続きますが、健康に気をつけながら
待ち遠しい春を早く迎えたいですね

 

さて、2ヶ月に1度更新している一般図書室の郷土雑誌コーナーがリニューアルをしました。

今回のテーマは「2016年後半〜2017年に新たに受入れた郷土雑誌」です。


CIMG6367

この期間に新たに受入れた郷土雑誌は15冊あり、
その中から3冊を紹介しています。

自然豊かな地域の魅力や観光スポットを
紹介した雑誌をはじめ、地域の文化、遺跡などの研究をまとめた専門的な雑誌もあります。

ところで皆さんは自分の故郷のことをどのくらい知っていますか?

郷土雑誌は旅行雑誌とは一味違う地元からの情報が盛り沢山。
新しい信州の魅力に触れてみたいという方、おススメです

 

2016年後半〜2017年に新たに受入れた15冊の一覧(下記の表)もコーナーに設置していますので
併せてご覧ください

16-17list_kyodozassi

 


*雑誌は貸出が出来ませんので、館内でご覧ください。

 誌名/出版者 
『いいやま彩事記』/いいやまファン倶楽部
長野県の一番北にある飯山市。実は歴史ある名所や行事など、多くの人に見てほしい
観光スポットがたくさんあります。自然に恵まれた彩り豊かな飯山の魅力を紹介する雑誌です。

1 2

このブログのトップへ