国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

千曲万博へ行ってきました!

6月1日の暑い日曜日に、私と白さんは千曲市の戸倉創造館で、千曲万博という大きい国際交流イベントの手伝いに行きました。白さんは中国のブースを開いて、私は7人の外国語指導助手(ALT)と一緒にアメリカのブースを2つ開きました。


白さんのブース


アメリカ東・中西部のブース


アメリカ西部のブース

約750人が来て、各ブースを回ったり、中国の羽けりやニュージーランドのポイなど、ステージでの公演を見たり、スタンプラリーに参加したりしていました。

私は主にアメリカ西部のブースにいて、来客に”what’s up?”という挨拶を言ってもらってからスタンプを与えると共に、西部の観光地、グランドキャニオンやラスベガスの紹介をしました。試食のチップスとサルサも食べてもらって、「おいしい」と言ってくれた人は多かったです。

色々な国から来ている外国人と日本人ボランティアのおかげで、大規模なイベントが成功しました。また来年参加したいです!


皆さん、お疲れ様でした!

このブログのトップへ