国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 長野クリスマスキャロル2013を開催しました

長野クリスマスキャロル2013を開催しました

12月15日(日)に、長野県内に住んでいる外国語指導助手(ALT)と国際交流員(CIR)とその友達合わせて約20人がながの東急のクリスマスツリーの前で集まって、クリスマスキャロルを歌いました。サンタの帽子やシカの耳などをかぶりながら、「Jingle bells」や「santa claus is coming to town」など、11曲を英語と日本語で歌いました。

よい天気に恵まれて、可愛いアルクマも応援に来てくれましたから、たくさんの人に見てもらうことができました。

台風で被害を受けたフィリピンのために、募金を行いました。

この日は合計24428円集めることができました。募金にご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

集まった募金は(公財)長野県国際化協会から在京フィリピン大使館を通じて、フィリピン国内の被災地の方へ届けられます。

その後は、柳町デイサービスセンターに移動して、30分ぐらい歌いました。歌い終わったあと自己紹介をして、皆さんからの質問を受けました。マヤさんはアメリカと日本のクリスマスの過ごし方の違いについて答えました。皆さん本当に楽しそうに聞いてくれて嬉しかったです。

最後はもう一度、ながの東急の前に戻って歌いました。ツリーがライトアップされ、クリスマスの雰囲気が漂っていて、通り過ぎる人々が楽しそうな顔で聞いてくれて、心が温まる一日でした。

1 2

このブログのトップへ