国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 長野マラソン国際交流ブース (クリス・李)

長野マラソン国際交流ブース (クリス・李)

平成28年4月17日(日)長野マラソンで長野県国際課は長野県国際化協会・JICA駒ヶ根・長野県内の国際交流員と一緒に国際交流フェスティバルを開催しました。

 

国際交流員は5か国の母国のブースを担当し、様々なゲームをやりました。アメリカは輪投げゲーム、ニュージーランドはポイ踊り、オーストラリアはブーメラン飾り、中国は羽けりゲームをやりました。

アメリカのブースは輪投げゲームでした。棒に輪が入ったら、ポイントをもらえます!

アメリカのブースは輪投げゲームでした。棒に輪が入ったら、ポイントをもらえます!

ニュージーランドのブースはポイ踊りでした。ポイと言う物を回しながら、踊りました。

ニュージーランドのブースはポイ踊りでした。ポイと言う物を回しながら、踊りました。

 

オーストラリアのブースでは絵具でブーメランを飾りました。

オーストラリアのブースでは絵具でブーメランを飾りました。

中国のブースでは羽けりをしました。1人もしくは、グループで地面に落ちないように羽を蹴るゲームです。

中国のブースでは羽けりをしました。1人もしくは、グループで地面に落ちないように羽を蹴るゲームです。

クリスのブース

1 2 3

このブログのトップへ