信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ミュージアムナビ > 信濃美術館 > 信大生のみなさんが鑑賞授業を行いました

信大生のみなさんが鑑賞授業を行いました

こんにちは、信濃美術館です。

7月16日(火)、信州大学教育学部の学生のみなさんが当館で鑑賞授業を行いました。5月14日(木)に続いて2回目となる今回は、東山魁夷館で班ごとにワークシートに取組み、その後信濃美術館で開催中の「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」を鑑賞。100人近い学生のみなさんは、作品や解説文をじっくりとご覧になり、集中して授業に取組んでいました。

今後も、さまざまな活動を通して、信大と連携をしていきたいと考えております。

     

【展覧会情報】
●開催中〜7月30日(火)
平成25年度東山魁夷館常設展Ⅱ「少年時代」
《祭りの夜》は東京の夏の風物詩、靖国神社のお祭りを描いた学生時代の作品。港町育ちの東山は、18歳の夏、はじめて信州を旅し、山国の雄大な自然に強い衝撃を受けます。青空、夏祭り・・・心躍るあの旋律が浮かんできます。

●8月1日(木)〜10月1日(火)
平成25年度東山魁夷館常設展Ⅲ「Imagine」
優しく静かでありながら、強いメッセージ性をもっている東山さんの作品。戦争のさなかに抱いた死の認識から、戦後「自分も冬枯れの草も木も今ここに生きている」と実感したといいます。あの名曲が重なります。

●開催中〜8月25日(日)
信濃美術館企画展 信濃毎日新聞創刊140周年記念「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」
近代洋画の父と呼ばれ、明治から大正の日本洋画界に多大な影響を与えた巨匠・黒田清輝。代表作《湖畔》《智・感・情》(いずれも重要文化財)のほか、初期から晩年までの作品およそ150点をご紹介します。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4 電話 026-232-0052/FAX 026-232-0050
e-mail:npsam@coral.ocn.ne.jp / URL http://www.npsam.com

このブログのトップへ